読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個人的メガハッサム現環境メモ(的な何か)

 saber10220です。アローラ不在メガの解禁の可能性が出ただけでまだありがたいけど倍率可笑しいだろと思って居る今日この頃。今回はバンク解禁後における私の裏メガエース、メガハッサムを使用していて思う事をメモのような形で残しておこうと思います。何かの参考にすらならないと思いますが、ご了承を。

 

 

              f:id:saber10220:20160513011931g:plain

 

 弱点が一個(炎)しか無く、耐久もメガを考慮しても平均を大きく上回る数値、回復技など優秀なのは言うまでもありません。しかし、現環境においてどれ位の位置にメガハッサムが居るかと言われれば、中間より少し上に居れば良いかな?と言わざるをえません。

 

メガハッサムの第7世代における注意点

 

①耐性は良い物の等倍Zが環境に多すぎる

たとえばミミッキュのZシャドクロ。受ける事自体は可能ですが、メガを想定以上消耗するということは試合において不利になります。これはギルガルドのZシャドボ、コケコのZ10万などにも言える事です。

 

②馬車リザガモスドラン電子レンジロトム(ヒートム)エンテイなどの炎ポケの帰還

これは言うまでも無く第6世代からの事ですが、使用可能メガ自体が現在制限されています。となると必然的にリザのKPが上がり、単体性能の高い馬車ガモスドランなどが増えてきます。環境によって変化こそしますが、メガハッサムが厳しい事に代わりは無いでしょう。

 

③テテフ

メガサーナイトと同タイプであり、メガサーナイトの弱点で有った上からの物理技を少なくとも3割程度はカバー出来てると思われるカプ・テテフ。バレPや影撃ちに縛られず、持ち物を持つことが出来、デフォルトでエスパー限定のこだわりメガネ付き。これによってメガハッサムが厳しくなりました。こちらからの一撃必殺はアイヘしかなくこの技はピンポイント過ぎるんですよね。だから上からのめざ炎2発でタイプ上有利なのに打ち負けるという自体が発生します。可笑しいです。

 

④メガハッサムでは突破出来ない物理受け(主にカバ)やバンドリの一時的増加

②におけるカバリザ、③の対策案の一つとしてのバンドリ(カバドリ)にメガハッサムは正直弱いです。ドリュ側の持ち物選択にZが加わった上、メガハッサムは剣舞を積んでいなければドリュには打ち負けます。HP満タンであれば例外ですが、そういう対面はあまりおきません。カバは蜻蛉メガハッサムで逃げる事は出来ますが、倒す事は厳しいです。

 

まだまだありますが、この事より言いたい事があるので一つ。メガハッサムのサブ(メインはバレPとする)のウェポンが一つでH振りベースの場合、叩きでZを落とす事が出来ず、叩きボーナスによる1.5倍も入りません。これによってガブに対する性能が若干落ちました。後ラティハッサムで敢えてガブに逆鱗を打たせるというプレイングもZ逆鱗のせいで難しくなった印象です。

 

ここまで読んで下さった方々ありがとうございますm(__)m一応現在1940辺りに居ると思います。メガッサムはまだPTに居るのでメガサナが帰還するまで頑張ろうと思います。(ドサイとラティは今環境といえる環境でもないのでお休み中です)誤字等があればTwitterで教えて下されば幸いです。@saber10220